レガーロ

2016年

9月

08日

お坊さんのお説教「和顔愛言」

先日法事がありお坊さんのお説教を受けました。

「和顔愛語(わがんあいご)」

文字通り

穏やかな微笑みで、愛のある言葉。

 

女性だからどうしてもヒステリックになってしまうもの。

でも・・・そんな時はからだもこころも疲れているとき

余裕がないときはいつも以上に

必要以上に怒りっぽく、嫌みっぽくなってしまって。

 

今言いすぎてる~なんて思いながら止まらなくて・・・。

 

おこっている自分って案外すごい顔になって攻撃しちゃってるんですよね~

威圧感の塊で人を寄せ付けない、その場の空気は最悪!!になっているのに。

 

 

和顔愛語(穏やかな笑顔と愛のある言葉)

自分の意識を少し変えニコニコの笑顔は

その場が温かな空気が流れると穏やかな笑顔のウィルスが反映されて

お友達に家族に自分の近くの人が幸せになれる、

みんながハッピーになれる言葉かと思います。

 

和顔愛語

少しだけ気を付けて試してみてください。

「お帰り、今日も一日お仕事(勉強)お疲れさま(o^―^o)ニコ」

なんて・・・反対に何かあると思いいつもよりもお手伝いしてくれたりして♪

 

 

 

 

 

メニュー